LPさえ作れば、新サービスがバンバン売れる!?

こないだも、こんな依頼があった。
ご依頼を頂戴するというのは、本当にありがたいことだ。
しかし、内容によっては…
本当に困る依頼もある。

先日も、こんなご依頼をいただいた。
ある業界でありえないような日本一といっても良い結果を出される方のサービスを広告するというもの。

今までは広告をせずとも全国から顧客が絶えないので
ネット広告を含めてまったく広告をしたことはなかった。

しかし、このサービスを全国展開するべく、LP(ランディングページ)を作って
ネット広告での広告をしてみようと言うのだ。

日本一のサービスで他に類を見ないサービスということなので
サービスの内容は素晴らしいのだろう。

しかし、残念なことに完成したLPを見ると
お世辞にもデキが良いとは言えない。
むしろ、日本一を謳っていることが
サービス自体をあやしいもののように見せてしまっている…

クライアントにはやんわりと
その旨を伝えて、LPを修正するように勧めた。
仮にも日本一のサービスを展開されているわけで
お金が全くないということもない。
そこでケチる理由はないと思うのだが…

それでも何か事情があって急いでいて
広告をしたいというならこちらも準備に取り掛かると伝えた。

結局、LPを作り直すという話になったのだが
LPのクオリティとサービスのクオリティに一貫性がないと
ページを見たユーザーの反応率は上がってこない。
なので、この判断は正しいと思う。

口では日本一のサービスと言いながら
LPを適当に作って世の中に出そうとする神経が
私にはちょっと理解不能だ。

あなたも安易にLPさえあれば、何でも売れる
なんて考えてはいないだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です