ランディングページについて

最近はとりあえずランディングページ(LP)を作ってみるという方が増えた。
ランディングページとは、着陸するページのことで
広告などから、リンクさせた先の最初のページのことを言う。

LPを作るための無料ツールもたくさん世に出回っているし
なんとなく素人でもできそうな環境は整ってきている。

ところが、一目見ただけで素人が作りました感が満載で
とても人前に出せないようなクオリティのものが多いのだ。

また、とりあえずLPを作れというコンサルタントもたくさん出てきた。
中には新規サービスを売るのに、LPさえ作れば
あとはネット広告でニーズがあるかどうかを見極めて
修正していけば良いんだと
リーンスタートアップの公式のようなことを言っているコンサルタントもいる。

言っていることは正しいし、これならネットリテラシーの低い人でもやってみようと思うのだろうが
現実はそう甘くない。

まず、LPのデザインクオリティが低すぎては、
広告をしても全く反応が取れない。
ということはテストにすらならないのだ。

いくらテキストは書けたとしてもデザイン的にダサすぎると、
ページを見てもらえないし、文章を読んでもらえるわけがない。

日本人を馬鹿にしてはいけない。
日本人は毎日毎日数多くの綺麗で使いやすいサイトを見ているし
現実の生活の中でも周りで目にするものはドンドンおしゃれになっていっているのだ。
とにかく、目が肥えているのである。

あなたやスタッフにデザインのセンスがあるなら自分で作るのも良いだろう。
そうでないなら、テキストをしっかりと書いて、あとはデザイナーに依頼して作るべきだ。
このお金を絶対にケチってはいけない。

これを怠ったがばっかりに、適当なサイトから画像を引っ張ってきて
著作権を侵していると数万円を請求されたという話を何度も聞いたことがある。
(無料の画像サイトであっても、商用に使うと料金を請求されることもあるので、十分注意する必要がある。)
それなら、その費用をかけてデザインを依頼すれば良かったのに…

逆に、大きな会社になるとデザインは良いのに
テキストのデキが散々で、まったく内容が伝わってこないページができてくる。

これはこれで厄介なのは、外部のライターに任せても良いテキストが上がってこないのだ。
どうにもならないなので、実はこちらのほうがタチが悪い。

とにかく、しっかりとしたテキスト(文章)を書くことができるようになるのが
最も大切なので、ライティングスキルについては本なりセミナーなりで、学んだ方が良い。
そして、その次はデザイナーを探すことだ。

残念ながら私にもデザインスキルは全くないので、このサイトも知り合いのデザイナーにお願いして全て制作してもらった。
もちろん、テキストは全て自分で書いたものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です